生鮮食品の原産地表示

①農産物の原産地の記載方法

 ★農産物の原産地はその土地で収穫されたもの

 農産物の原産地は国産のものにあっては都道府県名(市町村名その他一般に知られている地名でも可能)を記載する。 輸入品は原産国名を記載(一般に知られている地名でも可能)。

 ※農産物の原産地は、「国産」という記載は、不適表示となるので、注意が必要。

②畜産物の原産地の記載方法

★畜産物の原産地は、飼養れた期間の一番長い場所

 畜産物の原産地は国産のもにあっては国産である旨(都道府県名、市町村名その他一般に知られている地名でも可能)を記載する。 輸入品は原産国名を記載。

 ※輸入品は、国名のみの記載で、外国の一般に知られている地名のみの記載は、不適表示となるので注意が必要。

③水産物の原産地の記載方法

★水産物にあっては特定の水域で漁獲や養殖した場所

 水産物の原産地は国産(国内船籍)のものにあっては水域名または養殖場の都道府県名を記載する。水域名が困難な場合には水揚げした港名やその都道府県名での記載ができる。尚、水域名に水揚げ地を併記することも可。 輸入品(外国船籍)は原産国名を記載。尚輸入品も原産国名に加え水域名も併記して記載することができる。

※農産物の原産地は、「国産」という記載は、不適表示となるので、注意が必要。

※輸入品は、国名のみの記載で、外国の一般に知られている地名の記載は、不適表示となるので注意が必要。

以上の生鮮食品の原産地表示の記載方法の内容で、※印に注意をして覚えるとします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました